女装を始めるときの失敗しない女装服を選ぶ方法

女装を始めるときに必要なものに「洋服」があります。女装を始めるきっかけが「かわいい女の子になりたい」「キレイな女性に変身したい」という方は、着たい洋服が決まっているかもしれませんね。女装用の洋服はどうやって揃えるの?失敗しない方法は?今回は、男性と女性の体型によるサイズの違い、洋服を選ぶときに失敗しない方法、素材の大切さ、スカートの種類、などについてご紹介させていただきます。

男性の洋服サイズと女の子の洋服サイズの違い

男性の洋服サイズは体型に合わせて、S→M→L→LL→3Lというシンプルでわかりやすい表示になっていますが、女の子の洋服は↓をご参照ください

日本 7 9 11 13 15 17 19 21 23
アメリカ XS S M L XL
4 6 8 10 12 14 16 18 20
イギリス 8 10 12 14 16 18 20 22 24
ヨーロッパ 36 38 40 42 44 46 48

細かくて分かりづらいですね〜。

yjimage

女の子の洋服は、どこの国で作られたブランドかによってもサイズの表示が違います。日本製品であっても。9ARや13ARといった、さらに謎を深める表示になっているものもあります。ちなみに9ARは身長158㎝バスト83㎝ヒップ91㎝ 13ARは身長158㎝バスト89㎝ヒップ95㎝です。

これは覚える必要はありませんので、頭の片隅に置いて、置き忘れてしまって問題ないです。女の子もこの情報を正確に知っているのは、衣料関係の方だと思います。

男性と女の子のサイズ表示が違うのは体型が違うから

男性の場合は、体重が標準であれば、160㎝~170㎝がSサイズ 165㎝~175㎝がMサイズ 175㎝~185㎝がLサイズという、ざっくりした感じでも失敗は少ないと思いますが、女性の場合は同じ身長体重でも、胸の大きさ、ウエスト、ヒップの差が大きいため、サイズの表示が細かくなっています。

QF8A3763

男性のMサイズの人は女の子の洋服のサイズは何でしょう?

洋服の素材やデザインによりますが、男性のMサイズを着ている方は、女の子の洋服の場合、LサイズかLLサイズを選びましょう。間違えが少ないのが、買いたい洋服のメーカーのサイズ表と自分のサイズとを照らし合わせることです。

yjimage

女の子の洋服を買うときのサイズの測り方 ブラウス、上着の場合

肩幅、身幅、着丈、袖丈を測りましょう。1人で正確に測るのが難しい方は、お手持ちの洋服で、購入したい洋服と同じ材質の物(シルクを買うならシルク、ニットを買うならニット、カットソーならカットソー)を平置きして、測って比較してください。平置きして測った2倍が表示されている㎝になります。ここで大切なのは、肩幅と身幅です。男性と女性の場合、大きく違ってくるのが肩の幅と身幅(体の厚み)です。

yjimage-9

女の子のブラウスやトップスを買う時に失敗しない方法

サイズを測ったのに、実際に着てみたら、入らなかった、着れたけど、キツかった。なんとか着れたけど、肩がパンパンで、手をあげることができず、ずっと手を下ろしていた、というお話しもよく伺います。試着して買うことができれば問題ありませんが、それ以外ではサイズを測っても失敗することはあります。その失敗を少なくするには「素材を確認」すること、肩幅と身幅は大き目を買うことが大切です。yjimage-5

伸びる素材と伸びない素材

伸びる素材の代表的なものはストレッチ素材 ニット、ジャージ カットソー メリヤス コットン ウール カシミヤ スパンディックス ポリウレタン

114655-4

伸びない素材は 麻 シルク レーヨン

yjimage-10

女装用の洋服を選ぶときは、伸びる素材の中から選ぶ

これから女装を始める方、初めて女装用の洋服を買う方は、失敗が少なく、着心地が良い素材を意識して選ぶと良いです。

 

item51112385L2

スカートの選び方

ボーイッシュなパンツスタイルもステキですが、せっかくの女装です。かわいい女の子やキレイなお姉さんに変身したいですよね。スカートには色々な種類があります。

1、タイトスカート

2、フレアースカート

001443024014

3、ミニスカート

que-14167339664

4、ロングスカート

eozqxf4brdi8qjybimjo

5、プリーツスカート

WS000030-8

厳密にはもっと多くの区分けがありますが、まずは↑の5つに分かれています。

形(デザイン)以外の選ぶ基準

デザインが決まったら、↓を目安にして選んでいきましょう。素材はウール以外は年間通して着れます。

1.丈(ひざ上のミニスカート、ひざ丈、ひざ下、ロング)
2.素材(ウール、チュールレース、ポリエステル、コットン、シルク)
3.色(上に合わせるトップス、ブラウスやカットソーの色と合わせるのがコツです)
5.サイズ

スカートのサイズを選ぶ時に気をつけること

スカートに記載されているサイズは、スカート自体の実寸サイズではなく、例えばウエスト66㎝ ヒップ88㎝とあった場合、ウエスト66㎝ ヒップ88㎝の人を基準に、目安として作られたスカートです。という意味です。ウエストとヒップは自分で測ることができる箇所ですので、マメに測ると失敗が少なくなります。自分のウエストサイズとヒップのサイズを測ったら、それよりも大きいサイズのスカートを買えば、入らないということは避けられると思います。

靴の選び方はこちらをご参照ください

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。ご質問・ご要望は、ご遠慮なくご連絡ください

クロスドレッサー ガルボ