肌トラブルで悩む前に、男性の肌質に合わせた紫外線ケアで、肌年齢ー7歳を手に入れよう

気温が上がり、日差しが眩しい季節になりました。女装のお出かけがしたいと思っても、眩しすぎる日差しに、夏の外出をためらっている方もいらっしゃるのでは?真夏でも快適に過ごせる場所と日差し&暑さ対策をすれば、他の季節よりも日傘やサングラスなどを効果的に使える分、女装バレしずらい。夏のお出かけは、女装初心者さんも気軽にお試しできる時期とも言えます。

今回は紫外線対策にフォーカスして、あとから後悔しないように、今日からできる紫外線対策のご提案です。夏の外出の準備とコツなどはこちらの記事を参考にしてくださいませ。

women-1784755_640

小道具ひとつで、すんなりと街に馴染む女装ができるのは夏の特権ですが、反面、薄着や半袖で、ケアをしないでいると、多くの紫外線を浴びてしまいます。外出時に紫外線対策をすることは、肌トラブルを避けて、若さと美肌をキープする為に必須。

南麻布で女装サロンを始めて12年、世界のトップアーティスト、タレント、モデル、芸能人を含めた8000人以上の男性が、とびきりきれいな女性に変身するお手伝いをしてきた、プロのメイクアップアーティスト、私、ガルボが、撮影現場で使っているプロの技術と知識を、女装メイクに限らず、男性にも使えて、今よりもっと可愛く、もっとカッコよくなるために、わかりやすく、すぐに実践できるコツを、お届けいたします。クロスドレッサー とガルボのプロフィールはこちらをご覧くださいませ。

fashion-2940039_1280

みなさま、ご存知でしょうか。シミやしわなどの肌トラブルの8割は「光老化」だということを。そして、そのほとんどが紫外線(UV)です。毎日知らず知らずに浴びている紫外線は、私たちの肌のメラニン色素を増やし、皮膚の深層にあるコラーゲンなどの繊維を壊します。その結果、シミやしわ、たるみをもたらすのです。

2019年のトレンドはメンズメイクから一気にアンチエイジングにシフトしています。美容医学とアンチエイジングについてはこちらの記事をご参照ください。男性の更年期障害とアンチエイジングについて

UV対策にシーズンオフはない

紫外線と聞くと、太陽が照りつける夏をイメージするかもしれませんが、紫外線は一年中降り注いでいます。照射量が多いのは3月〜10月。その間、紫外線の量はほとんど変わりません。紫外線ケアにシーズンオフはなく、いつもオンシーズンという驚愕の事実です。

忘れた頃にやってくる恐怖の〇〇と〇〇

紫外線の怖いところは、すぐにダメージが出ないこと。10年、20年と長い間蓄積されて、ある日突然、シミやシワとなって現れます。

男性が紫外線ケアをするときに気をつけるポイント

どのUVケアを選べばいいか、迷いますよね。ここでは、日焼け止めの種類と効果的な付け方をご紹介します。

日焼け止めの選び方

日焼け止め用品にはクリーム、ジェル、スプレーなどさまざまな種類があります。スプレータイプは手軽な反面、ムラができやすいので、使用する際は「吹きかけて馴染ませる」を3回以上繰り返してください。見落としがちなのは、顔や体と同様に頭皮も日焼けするということ、顔、身体、頭皮、髪の全てに使える日焼け止めスプレーもあります。

どのタイプでも、自分が使いやすいものを選んで大丈夫ですが、毎日使うのであれば、保湿成分が含まれたものを選ぶのがおすすめです。

sunscreen-1461332_640

効果的な日焼け止めの付け方

女性の肌と違って皮脂量が多く水分量が少ない男性の肌に直接UVクリームを塗っても、十分な効果は得られません。最初に肌にローションなどで水分を与え、肌の状態を整えて、肌のバリアー機能を高めてから、日焼け止めをつけるのが効果的です。

8b12a8bc106344ad2d1aab3ef3b71992-846x515

日焼け止めに表示されている「PA」「SPF」って何?

日焼け止めにはPAやSPFなど、聞き慣れない文字が記載されています。PAはUVAをSPFはUVBを防ぐ効果を示す数値です。PAは「+」の数が多いほど、SPFは数値が大きいほど効果が高くなります。

cid_9A5A75D7-8B6A-45BC-A7D7-EC34D2955738-e1465175428832

UVクリームを選ぶとき、PAは日常生活では「++」スポーツをするときは「+++」以上のものを使いましょう。SPFは極力紫外線を浴びない方がいいので「50」をおすすめします。日焼け止めの指数が大きいほど肌への負担も大きいと思われがちですが、その前にきちんと保湿していれば、SPF15もSPF50も肌への刺激はあまり変わりません。逆にいうと、事前のお肌のお手入れが大切だということでもあります。

UVAとUVBとは?

UVAは皮膚の深層まで届く紫外線のこと。真皮の繊維を壊し、シワやたるみを招きます。すぐに影響は出ないものの、確実に肌にダメージを与えます。

POM-POM-4

UVBは表皮の一番下にある色素細胞を刺激する紫外線。メラニン色素が生成され、肌が黒くなるなど、肌にすぐに影響が出ます

スキンケアに遅すぎということはありません。いくつから始めても大丈夫です。ぜひ今日から紫外線対策を始めましょう。

young-woman-1149643_640

若くきれいでいるために、日焼けしないことはとっても大切。美にこだわるのは今や女性だけではありません。美肌でいることは、若く見えるだけでなく、心身共に健康で、健やかな生活を送っている証しとなります。清潔感や健康的な佇まいは仕事にも大きくプラスに作用します。

美肌で過ごすことで、自分に自信が持て、笑顔で過ごすことが増え、日々の充実度が増します。筋肉を鍛えたら、次にすべきは美肌対策。それには紫外線対策から取り掛かりましょう。

日焼けしないことも大切ですが、若くい続ける秘訣は、自分の「好きなもの」「楽しいと思えること」に夢中になること「新しいこと」に挑戦すること「夢中」になると、内側からたくさんのエネルギーが出て、自然に外側も輝きを増してくれます。新しいことに挑戦することで、ドキドキやワクワクを感じられドーパミンが分泌され、脳が活性化するそうです。

そういえば、先日、人生初の歌舞伎を観劇してまいりました。

21967E09-982D-4ED9-B28E-901C3891126E

三越でお弁当を買うのがセオリーだそうで、品の良いご婦人方に混じって、迷いに迷って購入したお弁当とワイン。昼間からフルボトルなんて、そんなに沢山いただけるのかしら??なんて思いましたが、ぜんぜんいただけちゃいました。歌舞伎って4時間近くあるんですね。知らなかったです。

いただいたのはサンセールの白ワイン。三越のワインショップで抜栓していただきました。グラスは持参したもの。この辺りは抜かりはないです。

A7A68450-C6D6-4AF0-8F1D-D4FDDDB88183

行く前は、お着物じゃないとダメなのかしら?とか、テーブルがあるお席って何?お弁当をいただくタイミングはいつがベスト?とか、経験してる人にはどうということでもないことも、??がいっぱいで、周りの雰囲気を壊してしまうことだけは避けなければいけないと、ネットで事前にお勉強して、当日に挑んだのでありんす。

非日常の適度な緊張の中、昼間から美味しいお食事とワインと歌舞伎。スペシャル感があって優雅な時間の過ごし方でした。大人になってからの初めての体験って楽しーーいっ!!

kabuki-global

年齢を重ねると、初めましての出来事はどうしても減ります。でも、初めてだからこそ、大人になったからこそ、初めての体験は特別感とプロフェッショナルさを感じたい桟敷席は少し贅沢な気もしたけれど、贅沢だからこそ、思いっきり楽しもう!と自分の気持ちを持ち上げて楽しめました。

贅沢な時間を過ごしたことで、クロスドレッサーにいらしてくださるゲスト様にも、非日常の特別感とワクワクやドキドキ、楽しいと思えるひと時を過ごしていただこう!と改めて決意したことも歌舞伎の副産物。

girl-2066101_640

クロスドレッサー では、初めて女装を体験する方へ向けた、ファーストトライアルコースや女性スタッフと一緒に外出する女装外出コース身体のラインも女性に変身するボディメイクウエディングコースなど、様々なコースを用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。クロスドレッサー メニュー一覧はこちらです。

今日の行動が、これから続くあなたの毎日に、たくさんのハッピーや感動、ワクワクやドキドキ感をもたらしてくださいますように、、。

ガルボ