女装服を選ぶ時に大切な、男性と女性の「服のサイズの感覚の違い」について

すっかり寒くなりました。ぷるぷる( ;∀;) 明日の朝はこの秋一番の冷え込みとなるようです。

「ひと雨一度」という言葉がありますが、この先もひと雨ごとに秋が深まっていきそうです。思いっきり女装して変身を楽しめる時期になりますので、嬉しくもありますね。

trees-1782792_640

みなさんはどんな時に秋を感じますか?私は、白ワインから赤ワインにシフトする時、もっと言ってしまえば、少し冷やした赤ワインより、常温の赤ワインの方が美味しくなると、あーー、もう、事前にワインを冷蔵庫に入れておかなくても、思い立ったらすぐいだだけるんだわ。と、感謝&感動している自分に気づいた時に、秋の深まりを感じます。

red-wine-2443699_640

先日、4年ぶりにご来店くださった、みきさんから「ガルボさん、痩せましたね!」と言われました。いやぁーー。嬉しいな。嬉しいな。平常心を装っておりましたが、小躍りするくらいにうれしかったです。

不思議なもので「きれいになりましたね!」と言われたわけでも「ますますきれいになりましたね」と言われたわけでも(って、何度もしつこいっつーーんだよ!!って感じですね。すんません)ないのに、なぜか

「痩せましたね」=「褒められてる」と感じるのは、多くの女性が感じることだと思います。

みなさま、久しぶりに会う女性に「痩せましたね」と言ってみましょう。きっと良いことがあるでしょう。

girl-593194_640

そうそう、本題からずれそうになりましたが、今日の女装通信は男性と女性の「服のサイズの感覚の違い」についてです。

女装サロンを始めて10年、芸能人を含めた、6000人以上の男性を、女性に変身させるお手伝いをしてきた、女装のプロのメイクアップアーティスト、私、ガルボが、女装を通して、感じた&学んだ、気づいた、そして、何よりも『実際に女装を経験したみなさまの声』を参考に、たまに脱線しながらも、女装のノウハウを「女装通信」として不定期につらつらとお届けいたします。

みきさんに「何キロ痩せたんですか?」と聞かれ「5キロくらいなんですよ‥」と答えると。「5キロも痩せたら、服が大変でしょう?全部を買い換えたんですか?」と言われたんです。

そこで、ハッとしました。???まさかぁーー。でも、これが男性の服に対する感覚なのですよね。

women-471981_640

女性が服を選ぶ時、例えば、スカートを選ぶ時、自分のウエスサイズよりも、ゆとりがある大きさ選びます。そして、サイズが5センチ程度前後しても、女性の場合は「入らない!!」ということは少ないんですね。なぜなら、ウエスト部分が伸縮性のある素材になっていることが多いから、、。

もっと言ってしまえば、女性のスカートは、腰骨の辺りで止めて、すとんと履く作りになっているスカートと、ウエストのくびれの所で合わせて履くスカートがあります。

girls-2616812_640

スカートに限らず、デニムパンツでもドレスでも同じような選び方をします。ピッタリしたジャストサイズが良いのは、チャイナドレスやアオザイ、ウエディングドレスやカクテルドレスなどの、普段着でないドレス系の場合が多いのが女性の服の特徴です。

女性の服の場合、ゆったりしたスタイルが「ナチュラル」とか「女性らしい」と、好意的受け止められますが、それを、そのまま男性に当てはめると「だらしない」という厳しいご意見をいただくことになりかねないんですね。

失敗しない女装服の大きさと素材の違いと選ぶ方法失敗しない女装服の大きさと素材の違いと選ぶ方法の記事にも書かせていただきましたが、女装服を選ぶ時に、男性の感覚で選ぶと失敗するのはこういうことなんです。

女装服を選ぶ時はご自分のジャストサイズよりゆとりがあるサイズを選びましょう

女装服を選ぶときは、この点を考慮していただくと、失敗することが少なくなると思いますので、頭の片隅に入れておいていただけると良いかと思います。

fashion-731827_640

靴を選ぶ時は逆になりますので、ご注意ください。外出する時の、靴を選ぶポイントと方法でも触れさせていただいておりますが、女装の靴はジャストサイズをお選びくださいませね。

うーむ。奥深いわん。

2017年はあと3ヶ月です。あと3ヶ月しか?いえいえ、まだ3ヶ月もあります。何かをするには十分な時間がありますよ(*^^*)

「自分でない誰かに変身すること」で得られる開放感を経験してほしい

今の時代、殆どの情報は、簡単に手にいれることができます。そんな便利な世の中でも、たったひとつ手にいれることができないこと、それは経験・体験です。

そして、たった1度の体験が人生を変えるきっかけになることもあります経験からの学びや気づきは奥が深く、自分の中に残ります。そんな経験を増やすのに必要なのは、勇気や決意、そして行動です。

youth-570881_640

 

女装を体験することで、気持ちの切り替えができて、生まれ変わった気持ちになって、明日からまた頑張れそう!

そんな時間を過ごしていただくお手伝いを、オンライでも、オフラインでもできることを目指しています。

hands-1476198_640

女装に関して、ご質問や知りたいこと、こんなテーマで書いて!リクエストいただけたら大変嬉しいです。お気軽にメッセージくださいね

今日から続く明日への時間が充実した楽しい日々でありますように‥。

ガルボ